尖頭周囲セメント-骨異形成:臨床病理学的特徴

尖頭周囲セメント-骨異形成(PCOD)はまれな良性病変であり、しばしば無症候性であり、線維組織が正常な骨組織を置換し、化生骨およびネオ形成されたセメントで置換する。 我々は、中程度の腫れと歯32-33-34の移動性を提示した55歳の女性における下顎PCODのまれなケースを提示します。 口腔内レントゲン写真では、これらの歯が失活していたことが示された; 歯周ポケットが深く,根尖は混合した放射線透過性とラジオ不透明性を示した。 臨床所見およびx線所見から尖頭周囲の稀な骨炎と診断し,三つの歯を摘出した。 摘出後の腫脹と軽度のとう痛の持続のために,コーンビームc tスキャンを行い,摘出歯の領域に放射線透過性と放射線不透明性の混合病変を示した。 病理組織学的評価のために患部の骨生検を行った; PCODの診断を行った。 この症例は、患者が非治癒ソケット、痛み、および腫脹を有する抜歯後に提示するとき、完全な調査の重要性を示している。 これらのまれなケースを管理するには、学際的なアプローチが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。