ニューヨーク時効

ニューヨーク労働者補償法、第2条、セクション§28

補償権の制限。 この章に基づく補償を請求する権利は、以下に定める場合を除き、事故から二年以内に、またはそのような死亡から二年以内に死亡した場合、補償の請求は会長に提出されなければならないが、雇用主および保険会社は、関心のあるすべての当事者が存在するそのような請求に関する最初の公聴会において、二年以内に請求を提出しなかったことに対する異議が提起されない限り、法令の基準を放棄したものとみなされる。 ヒ素、ベンゾール、ベリリウム、ジルコニウム、カドミウム、クロム、鉛またはフッ素への職業暴露または接触による病理学的骨、血液または肺の変化または悪性腫瘍、またはx線、ラジウム、電離放射線、放射活性物質、またはその他の化学化合物への暴露に起因するがこれらに限定されない職業病によって引き起こされた障害に対して、この章に基づく補償を請求する従業員の権利は、従業員が このような請求は、そのような期間の後、障害後二年以内に、請求者が病気が雇用の性質によるものであることを知っていたか、または知っていたはずであった後に提出されなければならない。 死亡した場合に従業員またはその扶養家族に前払いが行われた場合は、従業員またはその扶養家族が請求を提出しなかったことにより禁止され、理事会は、いつでも補償請求が提出されたかのように、そのような場合についての聴聞会を命じることができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。